初心者向け | SEO対策に特化したブログ

SEO対策の方法を初心者の方でもわかりやすく説明しています。

初心者の方にもわかりやすくSEO対策の内容を説明していますのでチャレンジしてみてください!

SEO対策 | 上位表示に必要な対策方法の詳細を説明

SEO対策 | 上位表示に必要な対策方法の詳細を説明

皆さんは「SEO対策」なる単語をご存知でしょうか?この記事をご覧になっているという事はご存知という事でしょう。

知っていて一応は努力はしてみるけど、効果の方はイマイチ。というか効果が出ているのかどうかも分からない。そんな方も多いのではないでしょうか。

現在のSEO対策は昔と異なり、ユーザー目線に立った有益な情報で内容が充実されている記事が上位表示される傾向がわかります。

この近年のSEO対策で最も重要視されている「ユーザー目線に立った有益な情報」とはどんなものなのか。

SEO対策を行う上で必要な内容を具体的にご説明をすすめていこうと思います。

  

SEO対策の利点とは

そもそもSEO対策とは

 SEO対策とは、googleやyahooなどの検索エンジンで検索された時に自分のサイトや記事を出来るだけ上位に表示させるための手法のことです。

「SEO」とは「Search Engine Optimization」の略語で、日本語では「検索エンジンの最適化」と翻訳されるのが一般的。

あなたのサイトがより上位表示する事によって訪れてくれる訪問者も増えていきます。いくら有益な情報の記事を書いていたとしても、SEO対策を正しく行わなければ検索エンジンの上位に表示されないために読んでくれる人も極端に少ないでしょう。

どの様なメリットがあるか

SEO対策を実施するメリットは、google検索エンジンの上位表示により検索ユーザーからのアクセスを多く取得できるという事です。

あなたのサイトの内容を求めているユーザーを効率的、さらに自動で呼び込むことができる。

ユーザーは適当で内容の薄い記事は望んでいません。同様にgoogleもその様な記事を決して評価はしませんので検索の上位表示も期待はできなせん。

 キーワードの選定

まず最初にどの様な記事を書くかを決め、次にキーワードを考えてひとつを選び出します。

キーワードは基本的にはひとつに絞り込みましょう。

複数キーワードで上位表示を狙う人も多く見受けますが、これを行うと記事のテーマーがぼけてしまい検索エンジンが記事内容を正確に理解する事が出来ず、けっきょくはどのキーワドでも上位表示ができないという事になりかねないからです。

どうしても複数のキーワードで検索上位をねらいたい場合は、それぞれ別の記事やページを作成して個別で対策を行った方がよいでしょう。

それぞれのキーワードに特化した内容にする事によってgoogle検索エンジンから専門記事として評価されて上位表示の可能性が上がります。

内部対策と外部対策

SEO対策は、主に「内部対策と」と「外部対策」の2種類に分類することができます。

内部対策

対策を行うためのキーワードを決めたら、まずページのタイトルへ自然に溶け込むように埋め込みます。ページタイトルの内容はSEO対策で重要な内容となりますので対策キーワードとして必ず使用してください。

キーワードは検索するユーザーの立場になって考えてください。検索する場合どの様な単語を入力するかを予測して決めましょう。 

ただ、ページタイトルに関してはキーワードの選定以外にも注意事項がありあす。

タイトルは短くてもインパクトに欠けますが、最大でも30文字以内に収める様にしましょう。あまりに長いと後半部分が省略されて表示しない事もあります。googleもタイトルが長いと最後まで読み込まないので、キーワードは出来るだけ最初の方に記述しましょう。

 外部対策

 内部対策と同様に外部に対する対策も十分に行う必要があります。

外部対策を簡単に言ってしまうと、他サイトから自サイトへのリンク(被リンク)の事を意味するのです。

外部からリンクされているという事は他でも必要とされる有益な内容のサイトであるとgoogleが判断して良い評価を得られます。

「このサイトを紹介したい!」と思わせる様なコンテンツ作りを常に心がける事が重要。

ただ、どんなリンクでも良いという訳ではありません。ひと昔前はどんなリンクでもいいからリンク数の多さで評価され上位表示できる時代もありましたが、今は違うので十分に注意していただきたい。

適当な掲示板や、特にアダルトサイトからのリンクなどは逆に評価が下がる対象となるので注意したいところ。

近年のgoogleは昔と違い、サイトの内容をちゃんと把握しています。そのために質の低いサイトからのリンクは避けた方が無難です。

 質の低いリンク(被リンク)の例

コンテンツの内容が薄いサイトからのリンク

内容が薄いサイトはgoogleからの良い評価を受けておらず、そんなサイトからのリンクがいくらあっても評価対象にはなりません。かえって逆効果になる可能性大。

相互リンクを目的としたサイトからのリンク

これもgoogleはちゃんと理解しているので評価対象外です。相互リンクサイトは多数ありますが、SEO対策としてはおすすめできません。

自作支援サイトなどからのリンク

自分で簡単なホームページや掲示板を量産して、そこからリンクを張る方法です。ひと昔前は効果がありましたが、現在は無意味というより逆効果ですので避けてください。

更新されていないサイトからのリンク

googleはサイトが常に更新されて最新情報を掲載しているかどうかを把握しています。更新されていない放置サイトからのリンクも避けましょう。

 

seo-peace.net

 検索順位を確認・計測してみる

f:id:kikaiyacom:20210304143014j:plain

 

検索エンジンの上位表示を目指すのであれば、各ページの順位状況などを常に把握しておく必要があります。

対策内容は常にメモをしておく事をおすすめします。効果のあった対策、効果の無かった対策と、どちらも後々に必ず参考となりますので。

 

検索順位を自動でチェックしてくれる「検索順位チェッカー」をご存知だろうか。

順位を確認したいサイトのURLとキーワードを入力するだけで現在の順位を教えてくれます。

キーワードは、1キーワード毎に改行して入力していきます。

checker.search-rank-check.com

 まとめ

 この記事では上位表示のための対策をわかりやすく説明してきました。

対策を行ってから効果が出てくるまでにはある程度の時間がかかります。対策をして次の日には順位が入れ替わっているという質のものではありません。

ブログ記事などは、1回書いて投稿したら終わりではなくSEO対策の効果が見られない場合にはキーワードを変更してみたり、記事の内容を変更や追加してみたりなどの努力が必要になります。

ある程度長期にわたってSEO対策に取り組み、徐々に検索ボリュームの多いキーワードに挑戦していってみては如何でしょうか。

 

seo-peace.net

 

seo-peace.net