初心者向け | SEO対策に特化したブログ

SEO対策の方法を初心者の方でもわかりやすく説明しています。

初心者の方にもわかりやすくSEO対策の内容を説明していますのでチャレンジしてみてください!

SEO対策:「内部対策と」と「外部対策」をやさしく解説

f:id:kikaiyacom:20210316180946p:plain

内部対策と外部対策という言葉はSEO対策を実施する場合によく聞く言葉ですが、具体的にどういう事かとなると完全に理解している人は少ないのではないでしょうか。

特にSEO対策初心者の方にはわからない事のひとつだと思います。

ひと事で言ってしまうと「内部対策と外部対策」とは、SEO対策の根本的な対策内容を意味する部分であり最も重要な考え方となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

「内部対策と」と「外部対策」とは

SEO内部対策とは

サイト全体およびページ単体を、出来るだけシンプルな論理的構造化にすることで、テーマ性(重要なキーワード)をgoogleクローラーロボットに認識してもらうこと。

  • サイト構造の最適化を行うこと
  • タグを最適化すること
  • パンくずリストを作成する
  • サイトマップを作成する

<サイト構造の最適化を行うこと>

サイトの構造をクローラーにわかりやすい構造にしてあげる必要があります。

クローラーがサイトを巡回する際には、サイトの一番上から順に下へ向かって読み込んでいきます。その際に対策したいキーワードはできるだけ前半の文章に埋め込む様にしクローラーに重要キーワードとして認識してもらう様にしましょう。

また、見た目でもわかりやすい構成にする事も重要です。目次の記載、大見出し、中見出し、小見出しなどをうまく使いこなしましょう。

人が見て分かりやすいサイト構成は、googleクローラーが巡回してきてもサイト内容を正確に理解する事ができるのです。

seo-peace.net

 

SEO外部対策とは

f:id:kikaiyacom:20210316202903j:plain

ページランクが高くgoogleから信頼性を得ている外部サイトから、信頼の高い被リンクを多く集めること。

被リンクには、リンクの「量」と「質」に指標が分かれます。リンクの数が多くても質が低ければ検索エンジンから良い評価を得る事は決してできません。

結論的には「質」より「量」という考え方はNGで、「量」より「質」と考えた方がSEO対策になるという事。質の低いサイトからのリンクが10個あるよりも、質の良いサイトからのリンクが1個ある方が良いということです。

絶対に行ってはいけない危険な外部対策

業者が外部リンクを有償で提供する「有料リンク」をお金を払って買い、自サイトへリンクを張ってもらうことです。

この被リンクの取得方法は主要検索エンジンのガイドラインに違反となり、これが検索エンジンにより確認されたサイトは、評価(ページランク)を下げられてしまうというペナルティーがあったり、最悪の場合は「インデックスから削除」という思いペナルティーもあります。

ページランクが下がるという事は検索時に表示される順位が下がる事を意味し、「インデックスから削除」されると検索表示にまったく表示されなくなってしまう。

このため、業者による「有料リンク」や質の低いサイトからの被リンク等は十分に気を付けましょう。

検索エンジンに評価される正しい外部対策

SEO対策に効果がある被リンクの考え方は「量」より「質」ということです。

では、「質の良い優良リンク」とはどの様なリンクなのでしょうか。SEO対策を考えた場合の被リンクは優良リンクでなければなりませんが、この優良リンクのポイントは次の4つです。

優良リンクのポイント
  • ナチュラルリンクであること
  • 関連性が高いこと
  • アンカーテキストにキーワードが含まれていること
  • 有名サイトからのリンク

<ナチュラルリンクであること>

あくまで自然的に発生した被リンクであることをナチュラルリンクといいます。現在の検索エンジンは数々の要素を分析して自然なリンクなのか不自然なリンクのかを見分けることができます。そのために意図的なリンクはgoogle検索エンジンに見破られてペナルティを課されることがあります。

<関連性が高いこと>

被リンクをもらう場合は関連性のあるサイトからもらう必要があります。

関連性とは、自分のページと同じ情報を発信しているサイトのことをいいます。

例えば、釣りの情報サイトを運営していて同じ釣りのサイトからのリンクであれば関連性のあるリンクとなりますが、釣り情報サイトなのに車の情報サイトからのリンクは関連性の低いサイトからのリンクとなり、SEO対策としての効果は期待できません。

<アンカーテキストにキーワードが含まれていること>

リンク元からはアンカーテキストでリンクさていることが非常に重要です。

検索エンジンはリンク元のテキストとリンク先のURLを紐づけているため、SEO効果を狙うのであればアンカーテキストには上位表示したいキーワードにしておく必要があります。

リンクする際のテキストはタイトルをそのまま使うことも多いため、トップページやリンクしてほしい記事にはキーワードを含める必要があります。

 サイト記事の内容をgoogleクローラーへ正確に伝える

googleクローラーはあなたのサイトへ定期的に訪れてサイト内容を確認して評価を行います。これは自動的に訪れるので意識する必要はない。要するに勝手に訪れて、勝手にサイト内容を評価して帰っていくというシステムです。

訪れる周期はサイトによって異なり、数日に1回~数か月に1回程度の頻度といわれています。

このクローラーが不定期に訪れた時に、サイトの内容を正確にクローラーへ伝える必要があるのです。

サイト内容を正確に伝えることによって、どの様なキーワードで検索された時にあなたのサイトを表示するかを理解させることが最も重要となる。

ページタイトルはh1を使用すること

h1~h6までが見出し用のタグになりますが、その中でも大見出しとなるh1タグの内容をgoogleクローラーは真っ先に見て、そのページの内容を把握しようとします。

そのため、h1タグには上位表示したいキーワードとページ内容の説明文を簡単に入れるようにしましょう。

この事によってgoogleはキーワードとページ内容の関連性が高いと判断します。どの様なページなのかをクローラーへ正確に認識させるためにh1タグへ入れる文章は重要なものとなりますのでSEO効果をよく考えて決めましょう。

h1タグの文字数について

h1タグの文字数に決まりはありませんが、最大でも30文字程度で出来る限り短く簡潔な文言を心がけるようにしましょう。

文字数が多くダラダラと書かれた文章は正しく認識してくれません。また、h1タグの内容を最後まで読むとも限らないので、キーワードはできるだけ文章の前半へ配置するようにしましょう。

 タグの順番は規則的につかいましょう

h1タグ(大見出し)の次にはh2タグ(中見出し)を使用し、次にh3・・h6と順番に使うよう心がけましょう。

f:id:kikaiyacom:20210316165535p:plain

タグの使い方は間違えていてもペナルティーはありませんが、クローラーへ正確にページ内容を伝えることができないので、SEO対策的には問題ありです。

まとめ

 SEO対策を大きく分けると、サイト内で対策を行う「内部対策」とサイト外で対策を行う「外部対策」に2種類に分けることができます。

googleの上位表示に対するアルゴリズムは年々確実に精度が上がってきており、小細工や小手先だけのSEO対策は通用しなくなってきていますので、基本に忠実なSEO対策をコツコツと行っていくことが重要です。

 

 

seo-peace.net

 

seo-peace.net