初心者向け | SEO対策に特化したブログ

SEO対策の方法を初心者の方でもわかりやすく説明しています。

初心者の方にもわかりやすくSEO対策の内容を説明していますのでチャレンジしてみてください!

SEO対策 | 目次を設置してページ内容をクローラーへ伝える

f:id:kikaiyacom:20210410162342j:plain

みなさんはブログ記事を書く時に目次を入れていますか?

目次の挿入は見る人が見やすいだけではなく、SEO対策にもなっていますので出来るだけ入れることをおすすめします。 

では、目次のSEOに対する効果はどの程度のものなのか、また目次の挿入方法などについて解説していきます。

 

目次の必要性について

目次とは、記事の冒頭に内容一覧を記載するもので、各目次のテキストをクリックする事によってその項目の記事に即ジャンプすることができる読者にとっては便利な機能であり、またSEO対策にもなっている。

目次は必ずしも必要なものではありませんが、あった方が良いことは間違いありません。ではその理由説明します。

ページ離脱率を抑えられる可能性がある

 googleはあなたのサイトへ入ってきた人がどれだけの時間滞在したのかなどの測定を行っているのです。せっかくあなたのサイトに訪問してくれても最初に目次がないために概要が把握できずに一瞬で離脱してしまう可能性が高い。

ページ滞在時間が短いとgoogleに内容の薄い情報のサイトであると判断されて良い評価を得ることができません。

しかし、最初に目次で大まかな記事内容が把握できれば興味がある人は離脱せずに最後まで読んでくれることでしょう。

 

目次から知りたい情報の項目にジャンプできる

f:id:kikaiyacom:20210410185338j:plain

目次は単なるテキストではなく、各項目のテキストをクリックするとその項目の先頭にジャンプすることができます。ページ内ジャンプというやつです。

これが出来ることのよって、訪問者は知りたい情報の項目に直ジャンプすることができます。

知りたい部分だけ読みたい、結論だけを知りたいという訪問者も以外に多い。最初から記事を読んでくれる人ばかりではないという事は覚えておきましょう。

目次を設置する時に気を付けること

目次は設置するだけでは何の意味もありません。読者にとって内容を理解しやすいものであり、またSEO対策的にも意味があるもでなければならないのです。

目次だけで内容がわかる様にするのがベスト

 いちばんベストなのは、目次を読めば記事のあらすじが最初から最後まで分かる様にすることです。読者は目的の記事のみ読んで不要な情報は読まない「飛ばし読み」をする傾向にあるため、目次で読みたい項目が確認できる方が好まれるためにページ滞在時間も長くなります。

せっかく読みに来てくれた読者も、記事のあらずじが分からないと本文を読む前に即ブラウザバックで離脱されしまうことになる。

目次は短くわかりやすく記述する

 目次があっても、だらだらと長い文章になっていたり意味がわかりにくいのではかえって逆効果になってしまいます。

目次の文字数が多ければ内容を正確に伝える事はできますが、読者が面倒で読んでくれない可能性があり、せっかく興味ある項目があっあったとしても、たどり着くことができない。

文字数の目安としては、スマートフォンの画面で一行に収まる程度がベストと考えてください。ひとつの項目の目次が2行にわたって書かれていると、あきらかに長すぎるし読みづらいので。

 目次はユーザーにクリックされることが以外に多い

 コンテンツ作りをしていたりブログ記事を書いたりしていると、必ずしも目次がないといけないとは思えませんし、確かになくてもある意味問題はない。

しかし、目次を見て目的の項目にジャンプする人も以外に多い、目次を見ている人が多いということがわかっています。

クリックしたくなる魅力的な目次にする

基本的に目次は冒頭に入れるので読者が最初に読む文書になりますので、すぐに離脱されずに最後まで読んでもらうためには魅力的で興味をそそる目次内容でなくてはなりません。

目次の後に続く記事を「読みたい!」と思わせる内容を心がけましょう。

適当な箇条書き文章の様にならない様に注意して作成する事によって滞在時間が長くなりgoogleにも評価されるのでSEO対策にもつながってくるのです。

目次がない方がいい場合もある

通常のブログ記事などの内容だと目次は記載しておくべきですが、中には目次が無い方がよい場合もあります。

それは、例えばコンテンツ内容が短編小説の様に最初から読まないと意味がわからない、その他最初がら読み進めていかないと内容を理解することができない様な文章の時には目次はなくてもかまいません。

 

記事を読みたいと思わせる目次内容であること

目次は導入文(リード文)のすぐ下の部分に設置するのが一般的です。そのために多くの読者が目次を目にすることが多いためクリックされることが多いわけです。

つまり、魅力的な目次になっていないと、ユーザーがすぐに離脱してしまいます。魅力的な目次にするには注意する点がいくつかあります。

  1. シンプルでわかりやすい文章にする
  2. 読者が求める答えを書いておく(または読み進めると答えがわかる様にしておく)
  3. キラーワードとなるテキストを埋め込んでおく

などの内容に気を付けて目次を作成してみる様にしましょう。

 まとめ

あなたのブログに目次を設置して、訪れた読者が「このブログは読みやすい」と思ってもらえる様に利便性を高めましょう。
読者が良いサイトだと判断すれば、Googleにも良い評価されるということになります。

しかし、当然のことですが利便性が高いだけでは、Googleに最大限の評価されません。
Googleに最大限評価されるためには、クローラビリティを高めることも重要です。

なので、検索エンジンに認識されやすいユーザーファーストのコンテンツを作成して、提供することがSEO対策で上位表示を目指すためのポイントとなります。

 

seo-peace.net

seo-peace.net