初心者向け | SEO対策に特化したブログ

SEO対策の方法を初心者の方でもわかりやすく説明しています。

初心者の方にもわかりやすくSEO対策の内容を説明していますのでチャレンジしてみてください!

必読! | バズる記事を書く方法

f:id:kikaiyacom:20210417104605j:plain

"バズる"の語源は、英語の"buzz"で日本語に訳すると「騒音」または「ガヤガヤとした話し声」といわれています。マーケティング用語である"バズ"に転じたのも、そのような意味からくる口コミを示す様になったからでしょう。そのため、"バズる記事"の意味は、影響力のあるサイト内容(記事)という意味になります。

 

バズる記事を書く方法

では、バズる記事の書き方やテクニックについて考えていきたいと思います。バズる記事を書くためには、そのためのテクニックが存在するのです。

ここでは、バズる記事を書くための2つのポイントを説明していきますので参考にしてみてくれればと思います。

「これは知らなかった」と思われる記事を書く

「どこかで見たことあるような」とか「よく見る記事の内容」と思われる新鮮味のない記事内容はNGで、その手の記事は読み飛ばされる傾向でバズる記事にはなりません。それよりも、「そんなことがあったのか!」とか「誰かに知らせたい!」と思わせられる記事が作成できれば、瞬く間に拡散される記事となります。

文字だけでなく画像や動画を入れる

文字だけでは読んでいても面白くなくイメージもわかりにくいので、結局はページ滞在時間が短い状態で離脱していってしまうので、適度な間隔で画像を挿入する様にしましょう。

また、動画を挿入すると再生されている間はページに留まってくれる可能性がより高くなるために動画を挿入することも離脱防止に対する有効な対策といえます。

バズる記事を書くための4つのルール

f:id:kikaiyacom:20210417110606j:plain

よくあるタイプの記事の書き方がビジネス調の文書になっている人です。自分では「そんなことはない!」と思う人もいると思いますが、一度見直してみてください。ブログで集客を考えるのであればビジネス文書とは切り離して考える必要があります。

なぜならば、ビジネス文章とブログの文章では、読み手へ対するアプローチが真逆だからです。

ビジネスの場合は、いかに相手へ完結な文章で結論や目的を伝える事ができるか。また、出来るだけ手間を取らせずにこちらの言いたい事を伝えて相手に納得してもらう必要があります。

その一方で、ブログ文章は相手にいかに読んでもらうかの工夫が必要。結論や目的を最少の文字数で表現するのではなく、いかに最後まで楽しく読んでもらうかに重点を置く必要があります。興味を持たせる、刺激を与える文章を書けば読者のページ滞在時間も長くなりSEO対策につながるわけです。

ルールその1:「どや顔」の記事を書いてはいけない

けっこうあるのが自分の武勇伝などを記事の間に入れ込んで「どや顔」している人ですが、これはよくありません。

仕事などでは自分を大きく見せるために時には「どや顔」を必要とする場合もありますが、ブログ記事では武勇伝などの自慢話しは逆効果でページからの離脱を速めてしまう原因になりますので、読者が自然に楽しく読める記事を心がけるようにしましょう。

ルールその2:「情報量」を豊富にする

ごく普通のありふれた情報量の記事は数多く存在しています。しかし、すでに存在している情報をさらに書いても読者は読んでくれません。

読者が必要としている情報は、ネット上に存在している情報に無い部分を求めており、またその先の情報を知りたい。

そのため、ネット上に存在している内容は記事のさわり程度を書いておいて、肝心なのはその先を記事にすることが大切になる。

「その後はどうなっているのか」、「隠されたエピソード」、「ウラ話し」など、誰も書いていない内容を記事にする必要がるのです。

このネット社会であなたが今から書こうとしている記事は、おそらくすでに誰かが似た記事を書いている事が多い。皆が書いている内容に似たものを記事にしても集客アップは期待できないということです。

ルールその3:「新しい情報」に更新していく

情報は常に最新に更新する様に心がけましょう。ブログ記事やサイトコンテンツは一度作成したら終わりではありません。時間経過とともに更新していく必要があることがほとんどで内容が古いままではgoogleに虚偽内容と判断されて良い評価を得ることができない可能性があります。

多くの方はブログ記事は一度書いたら終わりで情報を更新するという考えを持っていない様ですが、それはSEO対策の観点からすると間違いであることを認識しておいてください。

常に最新の情報でユーザーに必要をされるコンテンツ作りが必要です。

ルールその4:「画像」を上手く使って飽きさせない

文字ばありではなく画像を所々に挿入して読者を飽きさせない工夫はとても重要なテクニックです。ネットにころがっている画像ではなく、出来るだけオリジナル画像であればベストです。

ただ、多くの画像を使用して文字数が少ないブログ記事は情報量の少ない記事とgoogleに判断されて良い評価を得ることができないので、画像の使い過ぎにも注意が必要です。

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか、要するにちょっとした工夫次第で集客の出来る記事は誰でも書けるということです。

ただ思いついた事や出来事を単純で書くのではなく、ちょっとした注意事項を頭に入れてた上で記事の文章を考えて画像をチョイスすることで集客数はかなり変わってくるはずです。

その心がけが身につけば、それがSEO対策につながってくるので集客数に伸び悩んでいる方は、今のまま記事を書いていくのではなく本記事の内容に沿って少しの工夫を行ってみてください。 

 

seo-peace.net