初心者向け | SEO対策に特化したブログ

SEO対策の方法を初心者の方でもわかりやすく説明しています。

初心者の方にもわかりやすくSEO対策の内容を説明していますのでチャレンジしてみてください!

検索エンジンに登録されているか簡単に確認し、最短で上位表示する方法

最短で上位表示する方法

ブログの記事を書いても書いてもなかなか検索表示されない。原因が何なのかが分からないままに時間ばかり過ぎてしまい、記事を書くモチベーションも下がってしまいついには放置状態のブログになってしまう、なんて事はよくあるパターンです。

しかし、表示されない原因が何なのかを把握できれば対策を実施し表示されることを期待して待つことができ、またモチベーションを下げずに記事を書き続ける事ができる様になる。

この記事では、検索表示されない簡単な理由と解決法を説明していきます。

 

検索エンジンに登録されいるか確認してみよう

まず、あなたのブログがgoogleの検索エンジンに登録(インデックス)されているかどうかを確認してみましょう。確認の方法は難しくはなく、URLを入力するだけで簡単にインデックスされているかどうかを確認することが出来ます。

site:コマンドを使って確認

googleの検索画面を表示させて「site:(あなたのサイトのURL)」を入力して実行すれば確認ができるのです。

例えば、「site:https://www.kimama-peace.com/」と入力して実行すると、95件(2021年6月現在)のページがインデックスされている事がわかるということです。

SEO対策 | 検索で上位表示しない5つの簡単な理由とは

検索エンジンに登録されいるかどうか

あなたのサイトやブログは表示されたでしょうか。表示されたならばあなたのサイトはgoogleにインデックスされているということになります。

また、登録されている件数も表示されるので参考にすることができます。

ここで自分の管理しているサイトが表示されない場合はgoogleにインデックスされていないので検索時に表示されないのは当然ということになります。この場合の対処法について説明していきます。

検索表示されない理由と対処方法

①公開してから日数が浅い場合

 記事を書いて公開し、すぐに検索しても検索結果に表示されることはありません。なぜならgoogleはまだあなたが書いた記事の存在を知らないからです。

インターネット上にはgoogleのクローラーと呼ばれる目には見えないロボットが存在しており、ネット上で公開されているサイトを次々と巡回していき、サイトの存在や記事の内容を把握し、それを検索結果に表示するという仕組みです。

なので、記事を公開した直後にはあなたの記事にクローラーが巡回に来ていないために当然のことながら検索結果には表示されないのです。

では、どのぐらい待てばクローラーは自分のサイトを巡回してくれるのだろうか?

これはgoogle検索エンジンのアルゴリズムによるもので一般には公開されておらず、「何日に1回巡回に来る」という単純なものではありません。

参考として、「人気の高いサイト」や「更新頻度の多いサイト」は1~2日に1度の頻度でクローラーが巡回に来ているといわれていますが、更新頻度の少ないサイトや公開から日数の浅いサイトはクローラーの訪れる頻度は下がっていく傾向にあります。

要するにあなたのサイトへクローラーが巡回に訪れて検索エンジンに登録してくれるまでの正確な日数は公開されていないために不明という事になりますが、おおむね2日~最大で2週間程度と考えておくのが一般的です。

googleから無償提供されている「google search console」でインデックス登録を促すことも出来るのですが、初心者向けの記事なので難しいことは避けたいと思います。

いずれにせよ、何も問題が無ければあなたの書いたブログ記事は何も意識せずともクローラーが勝手に巡回に来て、検索表示に勝手に表示されるので気長に待ちましょう。

②検索エンジンへの登録を拒否している(noindex)

html内でnoindexが記述されている可能性があります。noindexとは、googleが自分のサイトを巡回しに来た時に「このページを検索エンジンに登録しないでください」という事になるので、せっかく巡回に来たにもかかわらず登録してくれないので検索結果にも表示されないというものです。

登録しないためのnoindexが必要な理由

 検索エンジンには登録されれば表示順位は別としても何らかの検索に引っかかって表示される可能性が高いのでインデックスされている方がいいにきまっていると普通は考えるのですが、逆に都合が悪い場合もあります。

文字数が少ないページや画像ばかりのページなどは情報量の少ないページと判断されるためにgoogleから悪い評価を得る場合があります。あと、特定の人物にしか見せたくない様なページもインデックスされてしまうと不特定多数の人に見られてしまう事になる。この様な場合にnoindexを使用すると便利です。

noinndexになっているか確認する方法

例えば、ブログなどであれば「検索エンジン登録する/登録させない」などの設定項目がある場合が多いので登録させない設定になっていないか確認してみましょう。

あとhtmlを開き、head要素内に<meta name=”robots” content=”noindex” />という記載がないかどうかを確認し、あれば削除します。

③googleからのペナルティを受けている場合

 あなたのサイトやブログが「googleからペナルティーを受けている」、そんな事を考えたことがありますか?実はその様なことが実際にあるのです。

ペナルティーを受ける理由

ペナルティーを受ける理由はさまざまな事が考えられます。

  • 他サイトの情報を無断でコピペしたオリジナル性の無いサイト
  • ほとんど同じ内容でコンテンツ複製してページを増やしている
  • 不正なリダイレクトや隠しテキストなどがあるサイト
  • 多くの不自然なリンクが張られている
  • 悪質な誘導ページ

 

など原因はさまざまな原因が考えられますが、現代のgoogleは一昔前と違い進化したAIで他サイトのテキストや画像をコピペするなどは必ず見破られます。

ペナルティーを受けるとどうなる

googleからのペナルティーを受けると検索表示順位が低下して集客が減ったり、最悪は検索エンジンからの登録抹消などの措置があります。この様な措置を受けるといくら記事を書き続けても人の目に留まらず誰も読んでくれないをいう最悪の事態になってしまいますので、十分に注意しましょう。

最短で上位表示するための方法

最短で上位表示する方法

googleが求めているものは、常に世の中に必要とされる情報を発信しているサイトです。細かなSEOとしての分析をベースとした対策も必要ですが、まずはgoogleが理想としている「世に必要とされる記事」を書くことに専念しましょう。

 記事に対してのキーワードを選ぶ

まずは記事に対するキーワードを決めましょう。そしてそのキーワードをタイトル文に埋め込むと同時に記事内でも使用する様にします。ただし、ここで注意しなければならないのは記事内で不自然なキーワードの使い方をしないこと。無理やり挿入したり、キーワードを連呼したりすると逆に評価が下がるので注意が必要。

ユーザーが求めている記事を書く

検索結果で上位表示させたいのであれば、記事の内容は決してあなたの書きたい内容を書くのではありません。ユーザーが求めている記事を書く必要があります。例えばブログであればどの様な人をターゲットにして記事を書くかを決めて、それに沿った内容でなけばならないのです。

独自性のある記事を書く

 出来るだけ独自性のある記事を書くことが理想です。googleはまだ世に出ていない情報が書かれた内容であれば、それは世に必要とされる記事と判断して高評価を得ることが十分に期待できます。

まとめ

 上位表示のために何をするべきかご理解いただけたでしょうか。一昔前はWEBの専門知識が必要でSEO対策技術が中心となっていて素人には難しいレベルでしたが、現在のgoogleの考えは前にも説明した様に「世の中に必要とされる情報」を評価してくれて検索上位表示する傾向にあります。その次にSEOの知識があればさらに良しという事です。

要するに、WEB専門知識よりも世の中に必要とされる情報をコツコツとWEB公開している人の方が上位表示できるチャンスがあるといわれています。

これがgoogleの検索表示順位を決定するためのアルゴリズムの基本的な考え方なので、みなさんも実行してみましょう。

 

seo-peace.net

 

seo-peace.net